■プロフィール

Author:kouritsunw-admin
公立大学・高専のさらなる発展に向けて、公立大学・高専職員等がつながり、情報交換等により知識・技術の共有を目指します。
また、公立大学職員ネットワークは個人として参加するものであり、マイペースに活動できるスキームとします。

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【はじめにお読みください】公立大学職員ネットワークとは
 これまでも様々な有志による研究会や勉強会が存在しましたが、公立大学(高専)職員が主役になって活動しているものはあまりありませんでした。また、大都市圏に活動が集中しており、地方の、小規模校の職員が主役になって活動できる会はありませんでした。
 日本の大学(高専)は国私立が多数派であるため、設置形態に関係なく意欲ある職員が集まって情報交換や自己研さんを重ねることは当然のカタチです。しかし、公立大学(高専)には特有の事情があります。その公立ならではの事情に応じた情報交換や自己研さんできる場所がほしい、これが本ネットワークを立ち上げようとしたきっかけです。平成24年9月に検討組織を立ち上げ、17大学・機関に勤務する事務職員で議論を重ね、このたび正式にスタートすることができました。平成25年7月の公立大学協会主催研修の開催日に合わせて「キックオフミーティング」を開催し、本格的な活動をスタートしました。
 このネットワークには勤務先の規模やこれまでの経験など、参加するためのバリアは一切ありません。「大学(高専)をよりよいものにしたい」「仕事を面白くしたい」「全国に仲間を増やしたい」・・・そんな想いに叶えることができるネットワークです。

【公立大学職員ネットワークの概要】

(1)目的
公立大学・高専のさらなる発展に向けて、公立大学・高専職員等がつながり、情報交換等により知識・技術の共有を目指します。
また、公立大学職員ネットワークは個人として参加するものであり、マイペースに活動できるスキームとします。

*参加する方(以下、「メンバー」という。)の中から幹事を選出します。
*参加要件は当面の間、公立大学・高専職員及び公立大学協会スタッフの中で希望する者とします。
*公立大学・高専に勤務し、その後設置団体に戻った場合、本人が希望する限り参加できます。

(2)活動内容
①メールマガジン
・発行ペース  
平成26年度は年6回程度を予定しています。
・掲載内容   
 メンバーから以下の情報を募集し掲載します。
  セミナーや勉強会の情報提供
  仕事に役立つ書籍等の紹介
  グループ活動の参加者募集や活動報告
  輪番で書くテーマ記事(例:留学生支援の経験談)

②メンバー名簿の作成と公開
・掲載項目
 (必須)氏名、所属機関・部署名、メールアドレス、情報交換希望の有無
 (任意)現在の業務内容、過去の業務内容、情報提供を求めている分野、その他
・公開方法   
  メールマガジンと一緒にパスワードを設定してメンバーのみに提供します。
・更新方法
  メールマガジンと一緒に更新依頼を行い、次回提供時に反映させます。

③グループ活動
・希望者でグループを作って活動することができます。
   (25年4月現在)
     「キャンパスを見てまわる会」
・グループはメールマガジンを活用して参加者募集や活動報告を行うことができます。
・グループの立ち上げや解散は、随時幹事に報告することで可能です。

④全体ミーティング
・開催ペース 
年1回(公立大学協会主催行事の前後に設定)
・平成25年度は「キックオフミーティング」として、7月の公立大学職員セミナーの翌日に開催しました。
・平成26年度は、9月23日に開催しました。

⑤ウエブサイト、Facebookの運営
・ネットワークへの参加や退会、登録情報の変更を簡便に行うためにウエブサイトを開設します。
・Facebookを開設し、Facebookグループ参加者に業務上の質問等、自由に会話ができます。

(3)メンバーにお願いすること
・メールマガジンの受信
・メンバー名簿のうち必須項目(氏名、所属、アドレス)の登録
  
上記2点以外(グループ活動や全体ミーテイングへの参加)は希望する場合のみで結構です。

(4)参加方法
・本サイトの「(カテゴリ)管理人より」の「参加登録について」から登録できます。

 
(5)運営体制
・メンバーの中から幹事を選出し、幹事会を設けます。
・年1回開催の全体ミーティングにて希望者に交代します。
・幹事会では、以下の活動を行います。(平成26年度は5名の幹事で運営しています)
  名簿・ホームページ担当:参加と退会の受付、名簿の管理
  メールマガジン担当:メールマガジンの編集を担当する
  グループ活動担当:グループの立ち上げ・解散の受付、グループ活動の支援

 

スポンサーサイト
管理人より | 00:00:00 | トラックバック(0)
ネットワークへの参加登録について
公立大学職員ネットワークに参加を希望する方は、以下のフォームから登録申請をお願いします。
確認次第メールアドレスにお返事いたします。

登録して頂くことによって
1)メールマガジンの受信(年6回程度)
 ⇒公立大学に関するタイムリーな情報を得ることができます
2)ネットワーク名簿の受領(パスワードつき)
 ⇒担当業務でつながり、日常業務の情報交換などができます
ができます。

登録はこちら







管理人より | 00:00:00 | トラックバック(0)
【開催報告】第9回キャンパスを見る会&ワークショップ in 北九州市立大学
 今年度2回目の「キャンパスを見る会」を10月9日(日)に北九州市立大学で開催いたしました。当日は約25名の職員の方にご参加いただきました。

 北九州市立大学の概要説明からはじまり、キャンパスツアー、ワークショップが実施されました。
 キャンパスツアーでは、今年度新設された図書館をはじめめとして、北方キャンパスの案内をしていただきました。
 ワークショップでは、「つながれ!北九州に集う大学職員たち」として、各自の自己紹介を3分で行いました。
 その後、まなびとJOBステーションと北九州まなびとESDステーションの案内をしていただきました。

 懇親会では、海の幸いただき、楽しい時間を過ごせました。

 次回のキャンパスを見る会は来年度に企画していきます。
 開催が決まりしだいご案内しますので、ぜひご参加ください!

未分類 | 18:00:00 | トラックバック(0)
【第二報】キャンパスを見る会&ワークショップ in 北九州市立大学
 キャンパスを見る会&ワークショップ in 北九州立大学の申込受付を開始しました。また、スケジュールをお伝えします。

1)申込方法
申込につきましては、以下の申込フォームからお願いいたします。
【申込フォーム】
http://form1.fc2.com/form/?id=6b167aa53fa6e4aa
申込期限:10月3日(月)

2)スケジュール
10月9日(日) 13:00~17:00
北九州市立大学 北方キャンパス 図書館  (北九州市小倉南区北方4丁目2番1号)
https://www.kitakyu-u.ac.jp/access/kitagata.html
 12:30~      受付(図書館入口)
 13:00~13:15 はじめに ~オリエンテーション~
 13:15~13:30 大学概要説明
 13:30~15:00 北方キャンパス見学
 15:15~16:45 ワークショップ
             「つながれ!北九州に集う大学職員たち 」
            できるだけ多くの参加者と交流・情報交換することを目指します。
 16:45~17:30 移動
 17:30~18:15 北九州まなびとESDステーション(予定)
   (予定)     まなびとJOBステーション
             ※両施設間を移動する際は、商店街を通りぬけ10分程度歩くことになります。
             おわりに ~挨拶~
終了後、希望者で懇親会を小倉駅周辺で開催いたします(19:00~21:00の予定です)。

3)その他
・現時点の予定のため、変更の可能性があります。
・子連れ参加も可能です。ご家族で参加を希望される方は、幹事までご相談ください。
・メンバー以外の公立大学職員の方もご参加頂けます。なお、公立大学職員ネットワークのメンバーは随時入会できます。入会方法は本Webサイトのネットワークへの参加登録について(http://kouritsunw.blog.fc2.com/blog-entry-1.html)をご覧ください。

イベント情報 | 12:00:00 | トラックバック(0)
平成28年度全体会およびSDフォーラムの開催について(続報)
台風16号が温帯低気圧にかわり、天気や交通状態がよくなりました。
そのため、平成28年度全体会、SDフォーラムは予定通り開催いたします。

なお、今回の台風の影響により、参加を取りやめる方がいらっしゃいましたら、幹事まで連絡いただきますよう、よろしくお願いいたします。

イベント情報 | 08:20:00 | トラックバック(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。